ALS  出張施術日記 2022/11/19

舌を動かすという行為に携わる神経と筋肉を解剖書で調べて検査しましたが、どうもやってて腑に落ちません。

検査は、患者さんからの反応で問題アリ、ナシを判断するのですが、帰ってくる反応がどうもいつもと違うのです。

検査領域を広げるのも収拾がつかなくなるので、一旦この問題は保留することにしました。

いつもの検査項目を検査すると、ここ数日間の結果は変わらず同じでした。

しばらくは、目立った変化は無さそうな気がするので、次回から検査の切り口を変えてみようかと思います。

つづく